桂慶治朗の大学や高校など学歴は?NHK新人落語大賞2023受賞!

スポンサーリンク

2023年11月11日、「令和5年度NHK新人落語大賞」が、番組史上初めての生放送で行われました。

東京予選63名、大阪予選41名のあわせて104名が参加。

予選を勝ち抜いた東西5名の若手落語の皆さん、優勝したのは、桂慶治朗さんでした!

今回は、大賞を受賞したばかりの、桂慶治朗さんの大学や高校など学歴を紹介します。

スポンサーリンク
目次

桂慶治朗が「令和5年NHK新人落語大賞」を受賞!

2023年11月11日、「令和5年度NHK新人落語大賞」が、番組史上初めての生放送で行われました。

東京予選63名、大阪予選41名のあわせて104名が参加し、

決勝に進出したのは、桂慶治朗さん、桂三実さん、春風亭一花さん、春風亭昇羊さん、柳家吉緑さんの5人です。

優勝したのは、桂慶治朗さんでした!

演目は、「いらち俥」です。

審査員の点数もダントツの1位で、50点満点の49点でした!


大会後の会見では、

「本当にうれしいの一言です。師匠に入門させていただいて、落語家になれて、今までやってきて本当によかった思います。いろんな方に感謝の気持ちを伝えたいです」

引用元;サンケイスポーツ

と、心境を語っていたそうです。

桂慶治朗(かつらけいじろう)のプロフィール!師匠は桂米團治!


以下が、桂慶治朗(かつら けいじろう)さんのプロフィールです。

本名:佐々木 慶喜(ささき よしき)
生年月日:1984年4月24日(39歳、2023年11月現在)
出生地:大阪府大阪市生野区
血液型:O型
趣味:読書、特撮ヒーロー
特技:時系列で覚えること
師匠:五代目桂米團治
活動期間:2012年から
所属:米朝事務所

大学を卒業後は、不動産会社に勤めたものの、ある日突然「落語家になろう」と思いつき2年で退社。

そして、2012年5月19日に五代目桂米團治さんに入門しました。

同年10月、尼崎落語勉強会にて初舞台を踏んだとのことです。

X(旧Twitter)アカウントのプロフールには、「落語と特撮ヒーロー、お米、お茶、蕎麦、カレー、天ぷら、うるめいわし、、などが好きです。至高のうるめいわしを探しています」と書かれていました。

食べることがお好きなようですね。

桂慶治朗の大学や高校など学歴は?甲南大学文学部卒業!

桂慶治朗さんは、甲南大学文学部を卒業されています。

甲南大学文学部の偏差値は、47.5〜52.5とのことでした。

高校卒業後3年間はフリーターをしてお金を貯め、その後1年間予備校に通って勉強し、甲南大学に進んだとのことで、かなり苦労をされたようですね。

出身高校については調査中です。

スポンサーリンク

桂慶治朗の令和5年NHK新人落語大賞受賞についてSNSの声は?

X(旧Twitter)にもお祝いのコメントが多数寄せられていました。

スポンサーリンク

まとめ 桂慶治朗は甲南大学文学部卒業で期待の若手落語家!

今回は、「令和5年度NHK新人落語大賞」で大賞を受賞した桂慶治朗さんについてご紹介しました。

桂慶治朗さんは甲南大学文学部を卒業されていることが分かりました。

今回の生放送で演じた「いらち俥」の完成度が高かったとのことで、今後も楽しみですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次