キラーカーンの死因は?動脈破裂で急死の原因は喫煙や高血圧や肥満?

スポンサーリンク

2023年12月30日、元悪役レスラーとして人気のキラーカーンさんが12月29日に亡くなっていたことが分かりました。

急な知らせですが死因は何だったのでしょうか?

また、急死に至る原因はあったのでしょうか?

詳しくお伝えします。

スポンサーリンク
目次

キラーカーンのプロフィール!本名は小沢正志で得意技はモンゴリアンチョップ

引用元:https://ameblo.jp/galantsigma/entry-12811316165.html

本名:小沢正志
生年月日:1947年3月6日
死没年齢:76歳
出身地:新潟・西蒲原郡吉田町(現燕市)
身長:195センチ(現役時代)
体重:140キロ(現役時代)

大相撲の春日野部屋を経て、1971年に日本プロレス入門し、1973年に新日本プロレスに移籍されました。

メキシコ遠征で悪役のテムジン・モンゴルに変身し、1979年アメリカでキラー・カーンに改名。

アンドレ・ザ・ジャイアントの足を折ったことで悪役人気が急上昇。

得意技は、「モンゴリアンチョップ」として有名でしたね。

1987年、ハルク・ホーガンとの闘いを最後に引退。

その後はスナックや、ちゃんこ料理の居酒屋などを経営されていたとのこと。


2023年12月30日、新聞各紙がキラーカーンさんが亡くなられたことを報じました。

関係者によると、前夜の午後9時過ぎ、東京・西新宿で経営する「カンちゃんの人情酒場」の営業中に様子がおかしくなり、倒れたという。店には数人の常連客がおり、すぐ救急搬送されたが、意識は戻らず、午後10時4分に息を引き取った。死因は「動脈破裂」だったという。

引用元:日刊スポーツ

救急搬送されてそのまま…は辛いですね。

キラーカーンの死因は何?動脈破裂で急死の原因は糖尿病やストレスも?

キラーカーンさんは、自身が経営する居酒屋「カンちゃんの人情酒場」で勤務中に亡くなったことがわかっています。

死因は、「動脈破裂」とのこと。


動脈破裂で検索すると、「大動脈破裂」がヒットします。

キラーカーンさんは、どの部分の動脈が破裂したのかは不明ですが、いかが大動脈破裂についての説明です。

大動脈瘤破裂を引き起こす大動脈瘤の原因のほとんどは、動脈硬化です。 動脈硬化とは、動脈の血管が何らかの原因で硬くなって弾力が失われた状態です。 動脈硬化は、加齢に伴う老化でも起こりうるものですが、様々な危険因子により発症を早めることが分かっており、この危険因子を多く持つほど動脈硬化の発症が早まることが分かっています。2022/08/12

引用元:宇都宮記念病院


原因は一概には言えませんが、以下のようなことが考えられるという事です。

加齢に伴う老化
喫煙
高血圧
脂質異常症
糖尿病
肥満
ストレス

キラーカーンさんにその要因はあったのでしょうか?


X(旧Twitter)には以下のような目撃情報がありました。

この投稿だけでは喫煙していたかどうか判断できませんが、もしかすると要因の1つになっていたかもしれませんね。

スポンサーリンク

キラーカーンについてSNSの声は?

キラーカーンさんの訃報を受けて、X(Twitter)では、多くのファンの投稿がありました。

スポンサーリンク

まとめ キラーカーンの死因は?動脈破裂で急死の原因は喫煙や高血圧や肥満?

今回は、元悪役レスラーとして人気のキラーカーンさんについてお伝えしました。

動脈破裂で突然だったことがわかっています。

原因は公表されていませんが、居酒屋の経営でストレスなどはあったかもしれませんね。

謹んでご冥福をお祈りいたします


こちらも併せて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次