小金沢昇司の死因は呼吸不全!ガンやアルコール性肝炎の噂の真相は?

スポンサーリンク

2024年1月15日、演歌歌手の小金沢昇司さんの訃報が入りました。

死因は呼吸不全で、まだ65歳だったとのこと。

2015年から、アルコール性肝炎を患っていたという噂もありますので、死因との因果関係などについてもお伝えします。

スポンサーリンク
目次

小金沢昇司のプロフィール!CM「歌手の小金沢君」でブレイク!

引用元:https://xn--4gq072e7scpvq.com/koganezawa-shoji/

以下が、小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)さんのプロフィールです。

生誕:1958年8月31日(65歳没)
出身地:神奈川県大和市
身長:175センチ
活動期間:1988年~2024年
レーベル:ビクターエンタテインメント (1988年 – 1997年3月) 、キングレコード(1997年4月 – )
事務所:北島音楽事務所 ⇒ジャパンドリームエンターテイメント株式会社(2014年2月 – 2024年1月)
共同作業者:北島三郎 山本譲二

元々は、北島三郎さんの付き人として下積み時代を過ごしていたという小金沢さん。

ブレイクのきっかけは、「フィニッシュコーワ」という喉スプレーのCMでした。

渡辺篤史さんのナレーションで「歌手の小金沢君が使っているのはフィニッシュコーワ」というセリフが印象的でしたね。

たちまち「この人誰?」と話題になり、河合奈保子さんとのデュエット曲「ちょっとだけ秘密」のヒットや、「ありがとう感謝」という曲ではロングランヒットを飛ばしていました。

2020年11月28日には、都内で酒気帯び運転の上に事故を起こすなどのトラブルがあり謹慎。

その後、コロナなどの影響もあり、自身がするプロダクションが破産するなどの不運が重なっていたとのこと。

2024年1月11日、神奈川県内の病院で、呼吸不全のために亡くなられました。

65歳は若すぎますね。

小金沢昇司の死因は呼吸不全?癌やアルコール性肝炎の噂は飲みすぎ原因か?

引用元:https://kszend.info/?p=1108

小金沢昇司さんの死因は、呼吸不全であることがわかっています。


因みに呼吸不全とは…

(肺機能不全) 呼吸不全は、血液中の酸素レベルが危険なほど低くなったり、血液中の二酸化炭素濃度が危険なほど高くなる病気です。 呼吸不全の原因としては、気道をふさぐ病気、肺組織を損傷する病気、呼吸を制御する筋肉を衰えさせる病気、呼吸を促す仕組みが抑制される病気などがあります。

引用元:MSDマニュアル


原因としては、

  • 長期間続いていた肺疾患の突然の悪化
  • 健康な人に突然発症した重症肺疾患

などが考えられるそうです。

肺疾患と言えば、「肺がん」などが思い浮かびますが、こちらはあくまでも噂レベルのようですね。


因みに小金沢昇司さんは、2015年にテレビ東京『主治医が見つかる診療所』という番組で、アルコール性肝炎だと診断されたことがあるそうです。


アルコール性肝炎とは…

アルコール性肝炎は、アルコール性肝疾患の一つで、長期にわたる大量の飲酒が原因で肝臓に炎症を起こす病気です。 アルコール性肝疾患には、脂肪肝、肝線維症、アルコール性肝炎、肝硬変、肝細胞がんがありますが、なかでもアルコール性肝炎は炎症が強い病型です。

引用元:済生会

1日に3リットルほどのお酒を飲んでいたとも言われていますので、長年の大量飲酒で体がダメージを受けていた可能性もありますね。

スポンサーリンク

【動画】小金沢くんのブレイク作品!フィニッシュコーワの懐かしCM!

小金沢昇司さんといえば、フィニッシュコーワ!

懐かしいCMもご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次