小池修一郎の結婚した嫁は誰?宝塚のお気に入りではなくCAだった!

スポンサーリンク

今回は、宝塚歌劇団の演出家・小池修一郎(こいけ しゅういちろう)さんについてお伝えします。

「エリザベート」や「ロミオとジュリエット」など、数々のヒット作で演出を手掛けてきた小池修一郎さん。

煌びやかな宝塚の舞台演出家の、プライベートも気になります。

一体どんな人と結婚したのでしょうか?

また、お気に入りのタカラジェンヌについてもご紹介します。

スポンサーリンク
目次

小池修一郎のプロフィール!エリザベートやロミオとジュリエットの演出担当!

引用元:http://kimamana-topic.com/4194.html

以下が、小池修一郎(こいけしゅういちろう)さんのプロフィールです。

生年月日:1955年3月17日(2023年12月現在、68歳)
出身地:東京都
学歴:慶応義塾高等学校⇒慶応大学文学部卒業

大学時代にアングラ演劇やミュージカルに傾倒し、掲示板で見た宝塚歌劇団演出部員募集に応募し、

1977年に宝塚歌劇団に入団。

脚本・演出家としてデビューしたのは、1986年の宝塚バウホール公演『ヴァレンチノ』でした。

この舞台が、完成度が高いと評判にな一躍注目を浴びることとなります。

1989年『天使の微笑・悪魔の涙』で宝塚大劇場デビュー。

1991年、フィッツジェラルド作品の初ミュージカル化『華麗なるギャツビー』で菊田一夫演劇賞を受賞。

1996年、ミュージカル『エリザベート』は、黄泉の帝王トートを主人公に置き換えるという斬新な演出で高い評価を受け、宝塚歌劇史上に残る看板ミュージカルとなりました。

これまでに読売演劇賞、千田是也賞、文部科学大臣賞、菊田一夫演劇大賞を受賞。

2014年には、紫綬褒章を受章しています。

小池修一郎の結婚した嫁は誰?JALの客室乗務員だった!

華やかな宝塚の舞台を演出している小池修一郎さんは、どんな人と結婚されているのでしょうか?

過去の新聞のインタビューに答えている記事などがありました。

1995年、阪神淡路大震災で被災したことをきっかけに、結婚をしたいと思うようになったとのこと。

翌1996年、小池さんが40歳の時、JALの国際線の客室乗務員をしていた女性と結婚したのだそうです。

噂では、小池さんが「モーツァルト」の演出のために何度もウィーンを往復していた時、機内にいたCAの奥様を見初めたとか。

国際線ということは、英語も堪能だと思われますので、ご夫婦でヨーロッパのミュージカルを観劇する旅に出たりされているかもしれませんね。

スポンサーリンク

小池修一郎のお気に入りは?古川雄大や京本大我や瀬名じゅん?

X(旧Twitter)を検索したところ、男女問わず様々な役者の名前が上がっていますね。

https://twitter.com/kloveyukari/status/1149601707837382656?s=20

演出家にお気に入りの役者がいるのは当然なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ 小池修一郎の結婚した嫁は誰?宝塚のお気に入りではなくCAだった!

今回は宝塚歌劇団の演出家・小池修一郎(こいけ しゅういちろう)さんについてお伝えしました。

「エリザベート」や「ロミオとジュリエット」など、数々のヒット作で演出を手掛けてきた小池修一郎さん。

数々の舞台を手掛けた演出家が、結婚相手に選んだのは国際線CAの女性でした。

きっとお綺麗な女性なのでしょうね。想像が膨らみます。


こちらも併せて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次