【ふてほど】宮下今日子の若い頃がすごい!3歳からバレエの本格派!

スポンサーリンク

今回は、女優の宮下今日子さんについてお伝えします。

2024年3月15日放送の、ドラマ「不適切にもほどがある」にゲスト出演することがわかっている宮下さん。

実は、このドラマ「ふてほど」で度々実名で登場して話題となっている俳優、八嶋智人さんの妻でもあるため、ますます注目が集まっているのです。

そんな宮下今日子さんの若い頃は、本格的にバレエに打ち込んでいたとのこと。

宮下さんの若い頃やバレエとの出会い、

「ふてほど」で踊る可能性は?など、詳しくお伝えします。

スポンサーリンク
目次

宮下今日子のプロフィール!旦那(夫)は八嶋智人で馴れ初めはゴールデン街!

以下が、宮下今日子さんのプロフィールです。

生年月日:1975年8月14日(2024年3月現在、48歳)
出身地:東京
学歴:日本女子大学 家政学部被服学科
所属事務所:吉住モータース

大学3回生の春に、野田秀樹さん率いる「NODA・MAP」のオーディションに合格し、本格的な演劇活動を開始。

「ローリングストーン」、KOKAMI@network「ものがたり降る夜」など、オーディションで様々な役を勝ち取っていきました。

その後も、松村武、堤泰之、長塚圭史、木野花など様々な演出家の舞台に出演。

また、演劇とダンスを組み合わせたステージでも活躍をされています。


プライベートでは1998年、野田秀樹演出の舞台「ローリング・ストーンズ」で八嶋智人さんと出会って結婚しています。

宮下さんがアルバイトをしていた新宿のゴールデン街のお店に、八嶋さんが通うようになったのがきっかけだったそうです。


新宿のゴールデン街はこんな感じです。

細い路地に約300点のお店が連なります。

宮下さんがいるお店は繁盛していたのでしょうね。

宮下今日子の若い頃は?3歳からバレエの本格派で現在は子どもたちの先生!

引用元:https://soresiritaina.com/archives/2134

宮下んの幼い頃は、喘息がひどかったこともあり何か運動をしたほうがいいだろうと、3歳からバレエを習い始めたそうです。

小学校3~4年生の頃には、「一生バレエをしていたい」と思うほどのめり込んでいきました。

バレエがものすごく好きだったものの、この頃から「バレエで生活するのは難しい」と感じていたのだとか。

その後、前出のように舞台のオーディションに合格。

20歳で一旦バレエから離れますが、そのせいで体調が悪くなり、自分のためにバレエを続けていこうと思い直し、現在は子供たちにバレエを教えているのだそうです。

こんなにキレイな先生で、子供たちの憧れの的になっていそうですね。

スポンサーリンク

宮下今日子は「不適切にもほどがある」でバレエを踊る?夫の八嶋智人と共演か?

こちらは3月15日の「不適切にもほどがある」の予告映像です。


宮下今日子さんの役柄は…

宮下さんが演じるのは、EBSテレビの情報番組プロデューサー、栗田一也(山本耕史さん)の妻・加世子(紺野さん)の幼なじみであるポッキー。加世子とは幼稚園の頃からの幼なじみで、栗田夫婦を見守る存在という役柄だ。

引用元:まんたんウェブ


予告に出てきた宮下さん(左から2番目)です。

並びを見ても、今から立って踊り出しそうなムードですよね。

山本耕史さん演じる、EBSテレビの情報番組プロデューサーの妻の幼なじみ役ということで、番組MC役の八嶋智人さんと一緒に踊る可能性も十分にありそうです。

因みに、この山本耕史さんの妻役は、元宝塚の紺野まひるさんです。

ますます、歌って踊る可能性が高まりますね。

スポンサーリンク

まとめ 【ふてほど】宮下今日子の若い頃がすごい!3歳からバレエの本格派!

今回は、女優の宮下今日子さんについてお伝えしました。

若い頃からバレエが大好きで、本格的に練習に打ち込んでいたことがわかりましたね。

また「不適切にもほどがある」(通称「ふてほど」)では、夫の八嶋智人さんと夫婦で踊る可能性もありそうです。

益々目が離せませんね。


コチラも併せて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次