【画像】長坂真護のホスト時代の評判は?年収3600万の金髪イケメン

スポンサーリンク

社会活動家でアーティストの、長坂真護(ながさか まご)さんが話題になっていますね。

ガーナで不法投棄された電子廃棄物を使い、アートを作るという取り組みが注目されています。

そんな長坂真護さんは、元々ホストをされていたことがあるそうです。

新宿歌舞伎町のお店でナンバーワンだったとのことで、そのホスト時代の評判や写真、年収など、

長坂真護さんの、気になる過去をご紹介します。

スポンサーリンク
目次

長坂真護(ながさかまご)のプロフィール!社会活動家でアーティスト!

長坂 真護(ながさか まご)さんのプロフィールです。

生年月日:1984年8月10日(2023年12月現在、39歳)
出身地:福井県福井市 
肩書:MAGO CREATION 代表取締役

歌手になるという夢を抱き上京し、文化服装学院アパレルデザイン科に入学。

卒業後、新宿歌舞伎町でホストをして稼いだお金でアパレルの会社を起業しますが、騙されて倒産。

路上アーティストとして生計を立てていた時に、社会的な存在意義について考えはじめ、消費やゴミ問題に興味を持つようになったそうです。

2016年6月、「世界最大級の電子機器の墓場」という別名を持つガーナのスラム街「アグボグブロシー」を訪れ、現地の貧困生活を知りました。

2018年に帰国し、スラム街の人々を題材として制作した作品が1500万円で販売されるなど、1年間で約1億円を売り上げたのだそう。

その後も、アグボグブロシーのゴミを使ったアートを作り、その売り上げをガーナに返還するという活動を続け、同地に無料の学校や、電子廃棄物美術館「MAGO E-Waste Museum」を開館するなどの社会貢献活動を行っています。

2021年4月、伊勢丹新宿店で行われた展覧会で、自身の展覧会史上最高額の売上を記録。

2021年のアート作品の年間総売上額が、8億円を突破したとのことです。


そんな、長坂真護さんの目標は…

「2030年までに150億円を集めて、ガーナのスラム街にリサイクル工場を建てるのが目標。この目標は、絶対に実現できるという感覚があります」

引用元:朝日新聞デジタル

大きな夢ですが、実現が近づいていっていますね。

長坂真護(MAGO)は元新宿歌舞伎町のホストだった!年収は3600万円!

先にも書いているように、長坂さんは専門学校を卒業後、手っ取り早く稼ぐためにホストになることを選択しました。

初任給は4万円で、売掛けを回収できず約100万円の借金を背負うことに。

女性を口説くテクニックなどを磨き、入店8カ月で№1の座に。

1年8カ月で、年収は3600万円だったそうです。

スポンサーリンク

【画像】長坂真護のホスト時代の評判や写真は?金髪で超イケメンか?

引用元:https://kiragamiteru.com/nagasakamago-12141

それだけ稼げたということは、評判も良かったのではないかと思われますが…

残念ながら、ホスト時代のことについては詳しく公表されていませんでした。

が、2012年頃の長坂真護さんの姿を見つけることができました。

28歳の頃、その前後に撮影されたと思われます。

金髪で超イケメン!今とは雰囲気が違いますね。

また、この写真のころの長坂真護さんはテレビ関係のお仕事もされていたようです。

スポンサーリンク

【動画】長坂真護は近大水墨画家だった!元NHK番組のアートディレクターの過去も!

2012年頃の長坂真護さんは、「MAGO」という名前で活動し、

NHKの教養バラエティー番組『頭がしびれるテレビ』のアート・デザイナーにも抜擢されていたんです

因みにその頃は、近代水墨画家として活動されていました。


ダイナミックに作品を描いている動画はこちらです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次