日本橋工事の事故現場は東京駅のどこ?施工会社ゼネコンは大林と大成

スポンサーリンク

東京駅の再開発計画に伴って建設中のビルで、鉄骨が落下したという事故がありました。

その現場はどこなのか?どんなビルが建設される予定のビルはどんなビルなのか?

気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク
目次

工事現場で鉄骨落下は51階建てビルの建設現場

2023年9月19日の午前中、大きな建設現場の事故について第一報が入りました。

警視庁によりますと、19日午前9時20分ごろ、東京 中央区日本橋のビルの建設工事現場で支柱の鉄骨が倒れました。

この事故で作業員の男性5人が巻き込まれ、このうち30代と40代の2人が死亡し、1人が意識不明の重体になっています。このほか20代の男性作業員2人がけがをしましたが、意識はあるということです。

倒れた支柱の鉄骨はおよそ15トンあり、支柱が倒れた際に死亡した2人を含む4人が7階部分から3階部分に転落したとみられるということです。

引用元:NHK

鉄骨落下のビルは「東京駅前八重洲一丁目東B地区」で大林組と大成建設のJV

引用元:chrome-extension://efaidnbmnnnibpcajpcglclefindmkaj/https://pdf.irpocket.com/C8804/bKSc/UWOe/Uroe.pdf


場所はニュース映像で看板が写り込んでいた「椿屋珈琲」の道路を挟んだ向かい側です。

おそらく椿屋珈琲から見て西側の広い土地が現場だと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次