【画像】櫻井敦司の昔や若い頃の写真!現在もイケメンでかっこいい!

スポンサーリンク

2023年10月24日、ロックバンド「BUCK-TICK(ばくちく)」のボーカル、櫻井敦司(さくらい あつし)さんが、脳幹出血のために亡くなっていたことがわかりました。

櫻井敦司さんは、10月19日に「KT Zepp Yokohama」で行われたライブの途中、体調不良を訴えて病院に緊急搬送され、そのまま帰らぬ人となりました。

まだ57歳の若さだったそうです。

今回は、そんな櫻井さんのカッコいい昔の画像などを振り返ります。

スポンサーリンク
目次

櫻井敦司(さくらいあつし)のプロフィール!2023年10月のライブ中に急逝

引用元:https://arty-matome.com/I0000225

以下が、櫻井敦司(さくらい あつし)さんのプロフィールです。

生年月日:1966年3月7日
死没:2023年10月19日(57歳没)
出身地:群馬県藤岡市
血液型:O型
身長:177cm
学歴 群馬県立藤岡高等学校卒業

1984年、全身の「非難GO-GO」というバンドが結成され、翌年1985年に現在のメンバーで「BUKU-TICK」が結成されました。

そして、インディーズを経て、1987年にメジャーデビュー。

「JUST ONE MORE KISS」「悪の華」など数々のヒット曲を持つ、ビジュアル系のロックバンドで、櫻井敦司さんはボーカルとして活躍されていました。

2023年10月19日、「KT Zepp Yokohama」で行われていたライブ中に体調不良を訴えた櫻井さん。

病院に救急搬送されましたが、午後11時9分に脳幹出血で亡くなられたとのことです。


スポーツ新聞の報道では、ファンが見ていた様子を次のように報道しています。

ステージ上の階段でふらつき転倒。体勢を立て直して3曲目まで歌い切ったが、その後スタッフを呼んで2、3分話し込み、肩を借りるなどして歩きながらステージ袖に消えた。

引用元:スポニチ

異変に気付きながらも、我慢して歌い続けたのでしょうか?

辛すぎるお別れ…57歳は若すぎますよね。

【画像】櫻井敦司の昔の姿がハーフみたい!現在はイケオジだった

昔の画像を検索してみると、このサラサラロングヘアのものが目立ちます。

完全に日本人離れしていてハーフ?と思いましたが、純粋な日本人だそう。

顔立ちがお父さん似ということですので、お父さんもかなりのイケメンだったのでしょうね。

横顔も美しすぎます!

https://supermixfruit.com/atsushi-sakurai-image/


そしてこちらは、「笑っていいとも」のテレホンショッキングのコーナーに出演したときのものです。

https://kyun2-girls.com/archives/3911


1994年で、櫻井敦司さんが28歳くらいということです。

動画もありました。

あわせて読みたい

生放送中に、熱烈なファンの声援が飛び交っていたとのことです。


そして、現在の櫻井敦司さんです。

変わらぬ美しさ…。

非常に残念でなりません。

スポンサーリンク

「BUKU-TICK」櫻井敦司の急逝に悲しみの声

スポンサーリンク

【画像】櫻井敦司の昔の姿がカッコいい!若い頃から現在もイケメンだった

今回は、2023年10月19日、ライブ中に急逝した「BUKU-TICK」の櫻井敦司さんについて調べました。

お若い頃からイケメンで、変わらぬ美しいビジュアルだったことがわかりました。

舞台を途中で降りて病院に向かうのは本当に無念だったでしょうね。

櫻井敦司さんのご冥福をお祈りいたします。

ここまでお読みいただきありがとうございました。


櫻井敦司さんの記事はこちらも

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次