【画像】ユニチカから爆発音!宇治工場の事故の原因や被害状況は?

スポンサーリンク

2023年10月10日早朝、京都府宇治市のJR奈良線宇治駅近くにあるユニチカの工場で爆発が起こったとのこと。

消防が駆けつけ消火活動などが行われているようですが、詳しい状況は分かっていません。

何が起こっているのか?X(旧Twitter)や、工場で作られていたものは何なのか?

気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク
目次

ユニチカから爆発音!宇治工場近隣のX(旧Twitter)投稿まとめ!

早朝からの爆発音で飛び起きたという人もいたようです。

X(旧Twitter)の投稿をまとめました。


煙突から煙が上がっていますね。

あわせて読みたい
スポンサーリンク

ユニチカの宇治工場で作られていたのはナイロンフィルムか?過去に火災も!

このユニチカ宇治事業所内の工場では、2019年1月8日にも火災が発生しており、「鉄骨4階建て延べ約18万3800平方メートルのうち3、4階部分の計約450平方メートルを焼き、約2時間半後に消し止められた」ということがありました。

幸いこの時は、煙を吸い込んだ作業員がいただけで命に別状はなかったとのこと。

因みにこの時に燃えていたのは…

現場はJR奈良線宇治駅の北側。ユニチカ広報グループによると、同事業所は敷地面積約32万平方メートルで、出火元はナイロンフィルムの原料などを製造する場所とみられるという。

引用元:産経新聞


ユニチカのホームページによると、同社では以下のような製品を製造しているとのことでした。

引用元:ユニチカホームページ

今回はどんなものが爆発したのかは不明ですが、周辺にも煙が立ち込めているとのことですので心配です。

会社からの発表が待たれますね。

最新情報追記(2023年10月10日午後18時現在)

下記のような情報が産経新聞で報道されていました。

ユニチカは同日、事業所内にある発電設備で蒸気管が何らかの理由で破損し、水蒸気が噴出したと明かした。負傷者は確認されていない。

引用元・産経新聞

負傷者も居なかったとのことで本当によかったです。

スポンサーリンク

まとめ ユニチカ宇治工場の爆発音は水蒸気の噴出だった!

今回は京都府宇治市で早朝の5時過ぎに起こった爆発について、X(旧Twitter)と過去のニュースをまとめました。

従業員の方や周辺の皆さんに被害が無かったようで一安心ですね。

また何か新しい情報が入りましたら追記します。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次