クレイジージャーニー|鹿山博康の店どこ?西新宿ベンフィディック!

スポンサーリンク

こんにちは!

今日は、2023年9月4日放送の人気番組「クレイジージャーニー」で紹介された究極のカクテルに注目します!

世界のベストバー50選出されたという、バーテンダーの鹿山博康(かやま ひろやす)さんが作るカクテルがとにかくスゴイということです!

「あの究極のカクテルはどこの店?」「どんな味なの?」という声にお応えし、

番組放送前ですが先取りで調査いたします!

スポンサーリンク
目次

クレイジージャーニー|世界のベストバーのバーテンダー鹿山博康(かやまひろやす)が登場!

2023年9月4日放送の番組「クレイジージャーニー」では、世界のベストバー50選出されたというバーの店主、バーテンダーの鹿山博康(かやま ひろやす)さんが登場するということです。

この番組は、ちょっと変わったこだわりを持って世界や日本で活躍するクレイジージャーニーが、その体験を語るという視聴者の好奇心をくすぐる紀行バラエティー番組です。

今回は、日本一のバーテンダーと言われる鹿山博康さんが、究極のカクテルを完成させるためインドネシアに漢方飲料を探しに行く旅に迫っていましたね。

こちらが鹿山博康さんです!

予告編では、MCの松本人志さんに「クレイジーだわ」と言われていましたが、1杯のカクテルを作るために世界30か国以上を訪れるとは…。

鹿山博康さん、只者ではありませんね!

クレイジージャーニー|松本人志も驚き!究極のカクテルの店はどこ?西新宿ベンフィディック

そんな鹿山博康さんが経営されているバーは、西新宿のバー・ベンフィディックというお店です。

なんとこのバーには看板が無いのだとか!

世界のベストバー50にも選ばれているということで、看板がなくとも世界中からお客がこのバーを探して訪れているとのこと。

店名の「ベンフィディック」とは、スコットランド地方のゲール語で、ベンが山、フィディックは鹿という意味。

つまりご自分の名前の「鹿山」を店名にされているということでした。
意外とお茶目なネーミングでホッとしますね!笑

但しこだわりは相当なもので、前出のように自分のこだわりのカクテルを作るため、自分で育てたハーブや植物を使用してリキュールを作り、それを元にカクテルを作っているということなのです。

その材料となる植物などを求めて訪れた国は世界30か国以上!

一体どんなカクテルが出来上がるのか?想像を超えていますよね。

スポンサーリンク

クレイジージャーニー|東京都新宿区西新宿「バー・ベンフィディック」のカクテルのメニューや値段やドレスコードは?

こだわりの究極のカクテル、味や値段、ドレスコードも気になりますよね。

ベンフィディックのカクテルのメニューや値段は?

SNSなどの書き込みを見てみると、どうやらこちらの「バー・ベンフィディック」では、おまかせでカクテルを注文するのが定番のようですね。

写真のカクテルは、ご自身の農場の周りに生えている野草のハーブを使ったカクテル。
名前は「雑草ジンフィズ」だそうです!笑

こちらは「ノビルのピニャコラーダ」

ノビルは、ピリッと辛いネギみたいな野菜です。
ピニャコラーダは、ラムベースで、パイナップルジュースととココナツミルクをシェイクするカクテルなので、どんな味になるのか?想像ができませんね。

こちらは「沈香とスイカとメロンのカクテル」です。

クレイジージャーニーで披露されていたのは「沈香を使ったカクテル」とのことなので、松本人志さんが飲んでいたのもこのカクテルかもしれません。

鹿山博康さん曰く「寺社仏閣の香りとウリ科の共演。夏のおばぁちゃん家の仏壇で食べるスイカのような味わい」とのこと。

ますます、謎が深まるばかり!!

世界中のバー好きが集まる秘密は、この「謎に包まれている」ところなのでしょうね。


その他にも、以下のようなカクテルメニューがあるようです。

【ミクソロジーカクテル】※フルーツや野菜、ハーブ、スパイス等の新鮮な素材をスピリッツなどと
組み合わせたカクテル

アルティメット グレープフルーツ サワー

和ラシカ(ニコラシカ)

秩父産ヒノキ ウォッカ トニック

自家製栽培秩父産イエルバブエナ モヒートリッキー

フレッシュ スパイス モスコミュール

芽山椒&夏ミカンのカイピロスカ

スイカ&マスカルポーネチーズのカクテル

ラベンダー&国産グレープフルーツのカクテル

カモミール&林檎のカクテル

ローズマリー&メロンのカクテル

フルーツトマトの燻製ブラッティメアリー

引用元:食べログ

好奇心が湧いてくるものばかりなので、「おまかせ」にするのが良さそうです。

因みに、ミクソロジーカクテルのお値段は不明ですが、ビールが800円~、カクテルやウィスキー、ブランデーは900円~、季節のフルーツカクテルは1,200円~とのことでした。

「3杯飲んで5,600円」という書き込みや、「ハーブのカクテルが2200円」「スイカのカクテルが1,600円」などの書き込みがありましたので、1杯は約2,000円前後?

チャージ料はありませんが、サービス料が10%かかります。

これだけ手が込んだカクテルですので、納得のお値段ですね!

ベンフィディックのドレスコードは?

因みにこちらのお店は「ベンフィディック ドレスコード」で検索される方も多いようです。

調べたところ、お店から指定されているドレスコードはありませんでした。

一般的なバーマナ―では、「男性の短パン・サンダルなどはNG」と言われていますが、入店禁止!などのルールはなさそうです。

とはいえ、鹿山さんがジャケットにネクタイ姿ですので、場に合う服装で出かけたいものですね。

クレイジージャーニー|鹿山博康の場所や予約方法は?西新宿「バー・ベンフィディック(Ben Fiddich)」

バー・ベンフィディック(Ben Fiddich)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次