【動画】金沢競馬のレース中に照明切れて真っ暗闇のアクシデント!

スポンサーリンク

2023年11月19日、金沢競馬場で行われていた第8レースで、出走中に照明がダウンするというアクシデントが起こったとのこと。

前代未聞の暗闇レースに、場内も騒然となりました。

いったいどんな様子だったのか?動画などもご紹介します!

スポンサーリンク
目次

【動画】金沢競馬のレース中に照明切れて真っ暗闇のアクシデント!

11月19日、金沢競馬場で行われていた第8レース「K1杯くまの心社長お誕生日おめでとう記念」の途中で、向こう正面を走っているところで、突然照明がダウン。

真っ暗闇の状況で、レース実況は混乱の様子を伝えていたそうです。

そのままレースは続き、ハクサンバードが1着だったものの、レースは不成立となりました。

金沢競馬によると、

「本日(11月19日)の金沢競馬は公正確保のため、第9競走以降のレースを取り止めといたしました。第8競走の競走中に走路照明の電源が落ちたことにより、第8競走が不成立となり、その原因を確認する必要があったことから、以降の競走を取り止めといたしました。原因を確認したこところ、競走終了後の全消灯のタイマー設定が誤っていたことが判明しました。ファン及び関係者の皆さまにはご迷惑をお掛けし深くお詫び申し上げます。」

と発表されています。

この影響で、

この影響で出走していた11頭のうち3頭が落馬。2人の騎手が救急車で病院に搬送され、1頭が安楽死処分となった。

引用元:中日スポーツ

という報道もありました。

騎手の容体なども心配ですし、安楽死となってしまった馬がいたことも残念です。

【動画】金沢競馬のレース中に照明切れて真っ暗闇のアクシデント!

場内は大混乱だったようですね。

そしてこちらがその時の動画です。

スポンサーリンク

金沢競馬の暗闇レースについてSNSの反応は?

スポンサーリンク

まとめ 金沢競馬のレース中に照明切れて真っ暗闇のアクシデントは前代未聞!

今回は金沢競馬場で行われた前代未聞の暗闇レースについて、動画や画像をご紹介しました。

救急搬送された騎手の容体も心配ですね。

今後このようなことが無いように、事故の検証をしっかりしてもらいたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次