中村敏英監督 (日大アメフト部)の経歴は?リクルート出身で社長!

スポンサーリンク

今回は、日本大学アメリカンフットボール部の監督をされている、中村敏英(なかむら としひで)さんに注目します。

アパレルや、リクルート系の人材会社にいたこともあるという、中村敏英さんは、実は会社の経営者だとのこと。

どんな会社を経営しているのか?など、経歴をご紹介します。

スポンサーリンク
目次

中村敏英 (なかむらとしひで)のプロフィール!元リクルートの会社経営者!

引用元:https://www.goodcoach.jp/nakamura/

下記が、中村敏英さんのプロフィールです。

1973年生まれ
年齢は、49歳または、50歳(2023年12月現在)
東京都江戸川区出身

大学卒業後は、国内大手アパレルでユニフォームの法人営業をされていたという中村さん、

その後、リクルートグループの人材派遣の企画営業をされていたそうです。

リクルート退職後、国内系ヘッドハンティングファームで、主に消費財、小売流通、アパレル、FMCG領域を担当し、ベンチャーから大手グローバル企業まで顧客のニーズに合わせた、人材紹介やヘッドハンティングをされていました。

その他にも企業の内部で、採用企画、業務設計、人材紹介会社の取りまとめや、面接代行などの採用支援もされていたそうです。

2017年、株式会社グッドコーチを設立し代表取締役社長に。

これまでの経験を活かし、求人だけでなく経営層へのダイレクトな人材を提案して、潜在求人ニーズへのアプローチをするのが得意分野だということです。

様々な分野で経験を重ねて起業された、ということですね。

中村敏英の高校や大学など学歴やアメフト歴は?日大付属中からの日大一筋!

中村敏英さんの学歴は、以下の通りです。

日本大学第一中学校
日本大学第一高校
日本大学文理学部

ということで、生粋の日大育ち。

そこから社会に出て、再び母校のアメリカンフットボール部の監督に就任しているということですね。


以下は、中村敏英さんのアメリカンフットボールの経歴です。

日本大学附属中学からアメリカンフットボールを始め、
日大卒業後はXリーグのオンワードオークス、リクルートシーガルズ(現オービックシーガルズ)でプレー。
2002年Xリーグ優勝、2005年全日本選手権優勝。
2004年にはアメリカAF2リーグに参戦し、メンフィスエクスプローラーズにてプレー。
2006年引退後はオービックシーガルズでコーチとなり、2010~2013年は全日本選手権史上初の4連覇を達成。
2017~2019年までは関西大学に在籍し、ヘッドコーチを経験。
2020年東京大学コーチ。
2014、2018年大学世界選手権日本代表コーチ。
2020~2021年:東京大学コーチ
2022年~日本大学アメリカンフットボール部 フェニックス監督。

「日大」と「アメフト」、中村敏英さんの人生には欠かせないもののようです。

スポンサーリンク

中村敏英はスポーツの社会貢献活動も!Di-Sports研究所とは?

中村敏英さんは、「Di-Sports研究所」というスポーツで社会貢献をする団体にも所属しています。


どんな団体かというと…

アスリートたちが持つ自らの心を「ごきげん」にマネジメントするスキルに注目し、トップアスリートたちにその価値を社会に広く伝えてもらうことを目的として、この社団法人を設立します。 さらには、「ごきげん」の価値を伝えるために「対話」という体験・体感型の授業・セッションを提供していきます。

引用元;Di-Sports研究所

スポーツドクターを中心に、ラグビー、サッカー、レスリングなど各界のアスリートたちが、子供や大人向けに「こころをごきげん」にするユニークな体験型授業をされています。

こちらが中村さんの紹介動画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次