【炎上】山崎まさよしが歌わない!ライブ2023の長いトークに賛否

スポンサーリンク

2023年10月21日、山崎まさよしさんライブが水戸市民会館で行われました。

このライブでは、山崎まさよしさんが「今日は歌いたくない」と、延々トークをしていたとのこと

訪れていたファンの中には、途中で退席した人もいたというのです。

一体どういう事だったのか?

気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク
目次

山崎まさよしのプロフィール!「ワンモアタイム」「セロリ」など名曲揃い!

こちらが、山崎まさよしさんのプロフィールです。

生年月日:1971年12月23日(51歳)
出身地:滋賀県大津市、山口県防府市育ち
身長:176cm
体重:64kg
血液型はA型
学歴:山口県立防府西高等学校卒業
活動期間:1993年 – レーベル ポリドール(1995年 – 1999年)、ユニバーサル(2000年- )
事務所:オフィスオーガスタ

1991年、レコード会社と映画制作会社を勘違いし、俳優のオーディションを受けてしまったものの、最終審査まで勝ち進んだという山崎さん。

最終審査で、自作の歌を歌い審査員特別賞を受賞します。

俳優のオーディションにも拘らず、「歌える役者が欲しい」という目的で審査員をしていたキティレコードの音楽プロデューサーの目に留まり、1993年春にキティレコードと契約・上京することが内定。

1992年10月に上京後は、アルバイトをする傍ら、曲の制作も行いライブハウスへの出演や楽曲提供、CMソングの仕事やスタジオ・ミュージシャンとして参加するなど、下積み時代を過ごされたそうです。

それにしても、凄い強運の持ち主ですね。

山崎まさよしが歌わないライブ2023の詳細!長いトークでファン困惑!

あわせて読みたい

今回の水戸で行われたライブについて、X(旧Twitter)には、ライブに参加した人からの投稿が多数見られました。


以下、ライブの様子を要約すると…

ライブ前半で山崎さんが「今日は歌うよりもファンと会話を楽しみたい。コロナも明けたから」と発言。
ファンからは「歌ってー!」の声があったものの、受け流してトークに重点を置きつつ歌&トークの展開に。

以下はファンの方からの発言です。

「ほかのアーティストと比較して話が下手」
「歌えー!」などのヤジ。
「千葉県から来たのに、歌を歌って。そうでなければ金を返して!」と泣きながらの発言。
「うそつき! 歌と話しをするとパンフレットに書いてくれ」
「金を返せ!カウンターに行けばいいんだな!」
「こういうライブもいいじゃない!私は二曲しか知らないけど…」

合計歌った曲は8曲で、1曲ごとにトークが入る形式。

山崎さんいわく「こういう話をたくさんするライブをしてみたかった」と。

また「歌を歌うのはもう体力を持ってかれる。」「歌いたくない」「歌いたくないってよりも皆と話がしたい。」とも話していたと言います。

実際にファンが退席したあとには、「俺は三十年くらいライブやってきたけど、こんな風にファンが出ていっちゃったのは初めてだよ。ほんとに。」という発言もあったとのこと。

トークの内容から、カオスな様子が伝わってきますね。

スポンサーリンク

山崎まさよしに対する巷の声は?賛否両論の大炎上!

X(旧Twitter)には賛否両論様々な声が投稿されて大炎上。

面白い意見も多数ありましたので番外編も集めてみました。

肯定派!

否定派!

番外編!

スポンサーリンク

まとめ 山崎まさよしが歌わないことでネットが盛り上がった!

今回は、水戸で行われた山崎まさよしさんのライブについて調べました。

「歌わない」ライブは是か非か?ネットには様々な声がありましたが、これだけ話題に上るのは人気の証拠。

山崎まさよしさんの元にもこの意見が届いていると思いますので、今後のライブがどうなるのか?

色んな意味で目が離せませんね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次