じゅん散歩|川越の大聖堂レストランどこ?すぺいん亭のパエリアが絶品

スポンサーリンク

こんにちは!

元テレビスタッフとして全国150所以上の取材に同行した、シル子です!

今回もテレビスタッフの経験を最大限に活かして、

テレビで話題のグルメ情報を、どこよりも先取りしてご紹介しちゃいます!

今日は、2023年8月17日放送の人気番組じゅん散歩」で紹介されたグルメに注目!
高田純次さんが、埼玉県の西川越を散歩し、スペイン大聖堂のような内装のレストランのパエリアを紹介していましたね

注目ポイントは、このレストランのシェフがスペインの大会で優勝した経験の持ち主だということ!!

食いしん坊さん

スペイン?大聖堂風?
気になるけど、いったいどこにあるの?


大会優勝シェフのパエリアは「なんていうお店?」「お値段は?」という声にお応えして、今回も番組放送前に大調査!

スポンサーリンク
目次

じゅん散歩|高田純次がスペイン大聖堂風のスペイン料理店を紹介

※こちらは本物のサグラダファミリアです!

2023年8月17日放送の番組「じゅん散歩」では、高田純次さんが埼玉県西川越を散策するとのこと。

この番組は、高田純次さんが絶妙なさじ加減のトークを繰り広げ、街ぶらロケをするという番組です。

この回では、埼玉の田園地帯で特A評価をされたというお米を発見したりしたそうですが、シル子は「スペインの大聖堂風のお店のパエリア」が気になって仕方ないです!

食いしん坊さん

あの有名なガウディの?

川越の大聖堂風レストランで食べられる「パエリア」はどんなメニューなのか?
早速、番組放送前に調査してみました!

じゅん散歩|高田純次の大会優勝パエリアの店はどこ?西川越「すぺいん亭」

「じゅん散歩」で、高田純次さんが尋ねたお店は、西川越にある「すぺいん亭」だと推理しました!

「すぺいん亭」は、1983年創業。
美食で知られるバスク地方をはじめ、カタルーニャ、ガリシア、アンダルシアなどの伝統的な味を、創作を加えずに味わってもらいたいというこだわりのお店です。

シェフは、パエリアの本場であるバレンシアのパエリアコンクールにアジア人として初出場し、国際部門で1位を6回、アジア人総合歴代最高位の2位を獲得したという実力派です。

そして驚くのは、ガウディのサグラダファミリアを思わせるような大聖堂風の内装。
この内装は、店主とスタッフが20年かけて作り上げているということで、こちらもビックリ!

シル子

店内はとにかく映えるので、撮影必須です!

知れば知るほど、お店もパエリアも両方が気になりますよね!

じゅん散歩|川越「すぺいん亭」のパエリアの味や値段は?

そんな「すぺいん亭」で気になるのは、パエリアのお味やお値段ですよね。

大会優勝パエリアの値段や味は?

ほとんどのコース料理に魚介たっぷりのパエリアが含まれているとのことで、やはり自信の一品のようですね。

ムール貝やあさり、エビなどから出た出汁で、鶏肉やトマト、野菜と共に炊き上げ、仕上げはオーブンで焼き上げられたパエリアは、コース料理の最後に提供されます。
食べる時にレモンを絞ると、爽やかな酸味が広がって食欲をそそります。

SNSには、「スペインに行った気分を楽しめた!」「驚くほど具沢山」「ぶっちぎりのウマさ」などの書き込みがありました!

またパエリアにこだわりがある店主は、1982年に5メートル半の大鍋でパエリアを炊き上げるという記録を持ち、ギネスブックにも登録されているそう。

食いしん坊さん

味も大きさもともに世界一なのね!!

そんな「魚介たっぷりのパエリア」の気になるお値段は?

単品では…

パエリア (1人前)1,500円
※パエリア鍋でのご提供は2人前から

コース料理は、4,500円から、7,500円まで。
下記は一例ですが、いずれも魚介盛りだくさんのパエリアが入っています。

Aコース(2名から)4,500円
・タパスの盛合わせ
・マッシュルームのワイン煮
・パン
・ガスパチョ
・魚介盛りだくさんのパエリア
・コーヒー

そしてランチだと…

パエリア ランチ (1名から) 1,800円
・スペインオムレツ
・ガスパチョ
・パエリア
・コーヒー

いずれも、本場の味が楽しめるならお得感がありますね!

「すぺいん亭のパエリア」シルシルポイント!

ではここで「パエリア」豆知識!

パエリアは、バレンシア地方の言葉でフライパンという意味です。
7世紀ごろ、アラブ人がスペイン侵攻をした際に稲作の文化が伝えられ、鶏やウサギ、野菜を入れたパエリアが誕生したと言われています。

その後、地中海で採れた魚介などのアレンジが加えられて今のパエリアになったそう。

因みに「すぺいん亭」では、前菜が11種類も入ったというタパス(小皿料理)も名物の1つです。

スペイン語でtapa(タパ)とはフタのことで、グラスに虫が入らないよう、おつまみでフタをしていたことからそう呼ばれるようになったとか。

シル子

パエリアもタパスも、どっちも食べたい!!

埼玉県川越市「すぺいん亭」アクセス&詳細情報

じゅん散歩で、高田純次さんが紹介していた、パエリアが自慢のスペイン料理店「すぺいん亭」のアクセスはこちらです!

すぺいん亭

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次